×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

睡眠時間について

予防(よぼう)医学(いがく)とは、字(じ)の通り(とおり)、病気(びょうき)にならないように未然(みぜん)に防ぐ(ふせぐ)、予防(よぼう)の医学(いがく)と言え(といえ)ます。病気(びょうき)にならないからだを作る(つくる)ために生活(せいかつ)習慣(しゅうかん)などを正す(ただす)ことが、これにあたります。「予防(よぼう)医学(いがく)」と聞く(きく)となんだか難しい(むずかしい)ことのように思える(おもえる)かもしれませんが、医療(いりょう)の専門家(せんもんか)ではない私たち(わたしたち)でも毎日(まいにち)の生活(せいかつ)の中(なか)で行なえ(おこなえ)ることなのです。では、具体的(ぐたいてき)にはどんなことに気(き)をつければよいのでしょうか。健康的(けんこうてき)な毎日(まいにち)を送る(おくる)ために、まず睡眠(すいみん)についてのお話(おはなし)をしたいと思い(とおもい)ます。睡眠(すいみん)はなぜ必要(ひつよう)なのかご存知(ごぞんじ)ですか?睡眠(すいみん)不足(ぶそく)がいかに翌日(よくじつ)の体調(たいちょう)にマイナスに影響(えいきょう)するのかは、体験的(たいけんてき)に知っ(しっ)ている人(ひと)も多い(おおい)と思い(とおもい)ます。徹夜(てつや)明け(あけ)では妙に(みょうに)テンションが高く(たかく)なったり、かと思え(おもえ)ば急に(きゅうに)だるさを覚え(おぼえ)て動け(うごけ)なくなったり、とにかくからだが無理をし(むりをし)ていることが自覚症状(じかくしょうじょう)として現れ(あらわれ)ます。しかし睡眠(すいみん)不足(ぶそく)はからだだけでなく、脳(のう)にも悪影響(あくえいきょう)を与え(あたえ)ているのです。普段(ふだん)、人間(にんげん)は睡眠(すいみん)によってからだだけでなく、大脳(だいのう)も休ま(やすま)せています。眠っ(ねむっ)ている間(あいだ)に大脳(だいのう)は、休息(きゅうそく)と翌日(よくじつ)に向け(むけ)てのメンテナンスを行なう(おこなう)わけです。睡眠(すいみん)時間(じかん)が短けれ(みじかけれ)ば、大脳(だいのう)がメンテナンスにあてる時間(じかん)が確保(かくほ)できないため、さまざまな情報(じょうほう)を処理(しょり)する能力(のうりょく)が衰え(おとろえ)、活動的(かつどうてき)に物事(ものごと)を考える(かんがえる)ことができなくなってしまいます。よって睡眠(すいみん)不足(ぶそく)により、からだばかりでなく、気持ち(きもち)の面(めん)でも不健康(ふけんこう)になってしまいかねません。日本人(にほんじん)は、ほかのどこの国(このくに)よりも平均(へいきん)睡眠(すいみん)時間(じかん)が短い(みじかい)そうです。仕事(しごと)や趣味(しゅみ)、またその人(ひと)がこれまで続け(つづけ)てきた習慣(しゅうかん)により、ちょうどよい睡眠(すいみん)時間(じかん)は人(ひと)それぞれだと思い(とおもい)ますが、平均(へいきん)7〜8時間(じかん)の睡眠(すいみん)をとれるとからだのためにはよいでしょう。睡眠(すいみん)時間(じかん)が短く(みじかく)なるほど、死亡率(しぼうりつ)が高く(たかく)なっているという調査(ちょうさ)結果(けっか)もあるそうです。FX業者はあまりにも数多くの業者がいるので、外国為替証拠金取引を始めようとするとFXの口座開設で悩んでしまいます。FX比較で調査しましょう。

予防医学

予防医学とは、字の通り、病気にならないように未然に防ぐ、予防の医学と言えます。

予防医学