×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

疲れ目にブルーベリーの効果

目(め)の疲れ(つかれ)、目(め)の痛み(いたみ)を経験(けいけん)したことのある人(あるひと)はどれくらいいるでしょうか。はっきりとした目(め)の痛み(いたみ)を感じ(かんじ)ていなくても、視線(しせん)を動かし(うごかし)たら景色(けしき)がかすんだ、室内(しつない)から外(そと)に出たら目(でたらめ)がしょぼしょぼした、くらいの経験(けいけん)はどんな人(ひと)でもあるのではないでしょうか。それは「目(め)の筋肉(きんにく)が緊張(きんちょう)しているよ」「目(め)が乾い(かわい)ているよ」などというサインです。症状(しょうじょう)が軽い(かるい)うちは、目(め)を休ま(やすま)せることで回復(かいふく)しますので、目(め)の疲れ(つかれ)が肩こり(かたこり)や頭痛(ずつう)などの症状(しょうじょう)へ進行(しんこう)する前(まえ)に、予防(よぼう)医学(いがく)の実践(じっせん)をしましょう。目(め)の疲れ(つかれ)を回復(かいふく)させるには、目(め)をつぶってホットパックをすると血行(けっこう)が促進(そくしん)され効果的(こうかてき)です。わざわざ専用(せんよう)のアイピローなどを購入(こうにゅう)しなくても、温かい(あたたかい)蒸しタオル(むしたおる)を目の上(めのうえ)に乗せ(のせ)て代用(だいよう)することもできます。目(め)がスッキリしますよ。また、食生活(しょくせいかつ)において必要(ひつよう)な栄養素(えいようそ)を摂る(とる)ことで、疲労(ひろう)回復(かいふく)しやすい体質(たいしつ)にしていくことも大切(たいせつ)な予防(よぼう)医学(いがく)です。よくブルーベリーが目(め)によい、という話(はなし)を聞き(きき)ませんか?これは、ブルーベリーに含ま(ふくま)れるアントシアニンという成分(せいぶん)が目(め)によい働き(はたらき)をすることがわかっているからです。アントシアニンは、目(め)で見(み)た映像(えいぞう)を脳(のう)に伝える(つたえる)働き(はたらき)の手助け(てだすけ)をします。これは目(め)が疲れ(つかれ)てから摂る(とる)のではなく、これから目(め)を使っ(つかっ)て何か(なにか)作業(さぎょう)をする3時間(じかん)ほど前(まえ)に摂る(とる)と、もっとも効果的(こうかてき)と言わ(いわ)れます。疲れる(つかれる)前(まえ)に対処(たいしょ)する、まさに予防(よぼう)医学(いがく)ですね。朝(あさ)のトーストにはイチゴジャム、という習慣(しゅうかん)の人(ひと)も、ちょっと気分(きぶん)を変え(かえ)てブルーベリージャムにしてみるのもいいのではないでしょうか。薄毛や抜け毛で悩んでいる方で育毛剤を検討されている方は多いと思いますが育毛剤って本当にたくさんありますから育毛剤 比較しないといけません。

予防医学

目の疲れ、目の痛みを経験したことのある人はどれくらいいるでしょうか。

予防医学